院内感染

新型コロナの話です


よく聞く言葉です、これだけ感染が広がってどこでも感染リスクがあるって・・・市中感染


電車、繁華街、職場、家庭など通常生活で起こりうる接触により感染することですが、この市中感染と対になってるのが院内感染


病院などの医療機関で入院、働く、お見舞いに行くなどして感染すること


市中感染、こちらは通常生活で起こりうる接触・・・行動などの状態を主に定義しています


院内感染、こちらは病院内で・・・なので、感染場所での定義です


ココで、問題がおきます


今、東京などで感染してる高齢者施設は、どっち?


高齢者施設、通常生活では行く機会はない、特に今回のコロナでの重症化、死亡者のほとんどを占める寝たきりや、痴ほう症などの高齢者が入所している施設は、一般の人には縁がない


ただ、介護業務が行われていて、ほぼクローズドではあるが、病院ではない


そうすると病院以外の感染を市中感染と言うならば、明らかに市中です


ややこしくなりました、今日注目するのは、施設内感染


連日クラスター発生の情報が出てます(通算)、葛飾ロイヤルケアセンター104人、特養老人ホーム和光園94人、お花茶屋ロイヤルケアセンター81人、特養老人ホームかつしか苑81人・・・


東京都の情報でもこんな感じです(東京都での施設の定義:)「施設」とは、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、医療機関、保育園、学校等の教育施設等)
Screenshot_20210310_143234_com.google.android.apps.docs.jpg
主な感染経路、同居41.7%、施設内40.4%・・・です


年代別で見ると70歳以上になると、8割ほどが施設内感染です


東京都は何故ここに予算と人員を集中して投下しないのでしょうか?


国は何故指導しないのでしょうか?


介護施設での防疫対策を徹底しないと感染者数なんて減らないと思いますし、リスクの高い人たちを守れないと思います


そして、飲食店での食事や旅行を自粛が施設内感染の対策に有効だと思っているのでしょうか?


東京都で言う施設内以外の感染経路は、職場4.7%、会食(ホームパーティーを含む)3.8%、接待を伴う・・・0.9%


家庭内は、同居している若い人が遊びまわって、高齢者に感染させる


若い人が遊びすぎてだらしないみたいなイメージ戦略です


昭和じゃないんだから東京で三世代同居みたいな、世帯ないでしょ!(東京都三世代世帯割合1.8%)


家庭内感染は、爺さんがカラオケ行って家に帰って婆さんに感染させる、婆さんたちが集まってお茶しながらワイワイやって家に帰って爺さんに感染させる、等と考えるのが普通だと思いますけどね


実際に入院まで至った割合も載せておきます(もう、重症者とかの割合は解ってるでしょうから割愛します)
Screenshot_20210310_143340_com.google.android.apps.docs.jpg
年代別新規陽性者入院患者割合

30代以下(0~39歳)9%

50代まで(40~59歳)17%

60以上(60歳から上)74%


世の中前部に自粛を要請する、飲食や宿泊、旅行に規制をかけるのはパフォーマンス的には効果があっても、感染拡大防止にはコストパフォーマンス(費用対効果)が悪すぎます


リスクの高い人本当に守りたいなら、働ける人は働け、学校では学べ、稼いで消費して高齢者対策の予算となるよう税金を納めよう、リスクの高い人は、充分に注意して自制しながら行動しましょう


いつまで続ければ済むのでしょうか


延長を望んだのは、都民・国民です


緊急事態宣言の延長、もういいよなんて思ってる人


感情だけで判断してはいけません


延長が始まって3日


後11日(宇宙戦艦ヤマトか!)は続きます


まだ3日目です


繰り返します、選択させたのは都民・国民です






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント