新コロは、若者のせいだ!

今日はコロナのニュースから


テレビで東京の感染拡大が止まらないと言っていました


入院患者が前日比+17名で慰労崩壊危機は解消されないどころか、必要な医療が受けられない状態まで逼迫との事です


昨晩都知事は、ここで気を緩めずに、やっかいな見えない敵をやっつけていく。とにかく感染しないことを徹底して進めていくことが、そのあとの経済の命を取り戻すことになる と述べたそうです


それを受け 国立国際医療研究センターの大曲貴夫 国際感染症センター長は、年齢と亡くなるリスクとの関係性が強い病気だ。だからこそ高齢者に感染を広げてはいけない と述べたそうです


意見をまとめると、リスクが高いのは後期高齢者だ、そこを守るため現役世代はとにかく自粛しましょう、現役世代の生活や命は失われてもとにかく基礎疾患のある高齢者の命を守ることにすべてを注ぎましょう
万が一コロナが終息したら、その時には現役世代の生活や命の事を考えましょう という事です


2月4日に開かれた 東京都のモニタリング会議 からのデータです


感染状況について、新規陽性者数の7日間平均は、
▽3週間前の1699人、
▽2週間前の1471人、
▽1週間前の1015人から、
▽3日には684人と減少


今週、感染が確認された人を年代別の割合でみると、
▼10歳未満が3.5%
▼10代が4.8%
▼20代が18.3%
▼30代が15.6%
▼40代が14.0%
▼50代が14.1%
▼60代が8.5%
▼70代が9.0%
▼80代が8.9%
▼90代以上が3.3%

70代以上の割合は20%を超えています
また、65歳以上の高齢者の割合は25.6%と、前の週より3.8ポイント高くなりました。

専門家は「高齢者層の増加を防ぐためには、家族や医療関係者、高齢者施設の職員などが感染しないことが最も重要だ。高齢者が集まる施設では利用者と職員に対する積極的な検査の実施が必要だ」と指摘しました。


感染経路は
感染経路がわかっている人のうち、家庭内での感染は49.2%で、最も多く施設内は34.4%で、職場内は5.8%、会食は2.6%でした。

▽80代以上を除くすべての年代で家庭内感染が最も多い一方で、
▽80代以上では病院や高齢者施設などの施設内での感染が77.4%と最も多くなりました。


検査の「陽性率」は、3日時点で6.2%と、1週間前の8.4%から低下しました。


3日時点の重症患者は125人と、前回(先月27日の159人)より34人減りました。

年代別にみると、
▼40代が3人、
▼50代が15人、
▼60代が36人、
▼70代が46人、
▼80代が22人、
▼90代が3人でした。

性別では
▼男性は97人、
▼女性は28人でした。

専門家は「70代以上の重症患者がおよそ6割を占めている。基礎疾患のある人、肥満や喫煙歴のある人は、若くても重症化のリスクが高い」と分析しています。



長くなりました さてさて、専門家じゃなくてもデータから推測は出来ます


むしろきちんとデータに向き合えるかもしれません


大事なところだけ抜粋します


新規陽性者数の7日間平均は、三週間前の40%と半分以下


感染経路は、家庭内での感染は49.2%、施設内は34.4%で、職場内は5.8%、会食は2.6%

80代以上では病院や高齢者施設などの施設内での感染が77.4%


重症化しているのは、70代以上で56.8%、60代28.8%、50代12.0%、40代2.4%、39歳未満は0.0%


データを読み解きましょう


新規陽性者数も重症者数も急激に減っているのに、出されるコメントは入院者数は減らず医療がひっ迫している という事は、医療ひっ迫を演出するために無症状・軽症を入院させているから と思われます

そうすると、医療ひっ迫はなんらかの必要性のために起こされているので、その何らかの必要性を見ないと本質は見えません、重症者用のベット数も増えないでしょうし、軽症者を多数入院させる茶番も無くなりません 


東京は若者と中年、高齢者の三世代同居率は1.8%で、家庭内感染では若者絡んでないし、高齢者では施設内感染の方が多いのに、出されるコメントからは若者が自由に動き回り感染を拡大させ、年寄にうつすので 若者は自粛しろは、高齢者の高い投票率故でしょう(選挙には行かなきゃいけないのと制度自体を変える必要性は議論されるべきでしょう)


治療も重症患者125人に集中して行えばよいものを、鼻水や微熱の軽症者の入院先を割り振りしたりで忙しくしてることを医療崩壊寸前と言う


若者の行動制限する必要がどこにあるんでしょう?出されたデータだけ分析しても、現役世代にはほぼ脅威とならないウイルスです


最初に書いたことを繰り返します


リスクが高いのは後期高齢者、そこを守るため現役世代はとにかく自粛しましょう は、方向性が大きく間違っているのは明白です


年寄り同士の家庭内感染と施設内感染中心ですよ、若者関係ない!


データを見れないって、ホントに怖い


「判明はしていないが、経路不明の感染原因の多くは、飲食によるものと専門家が指摘をしております」「エビデンスはないが私はGotoトラベルが感染拡大の引き金になったと思っている」などのデータもなく個人の感想や雰囲気をもとにして政策を決めても、解決はしません


ましてや、雰囲気に基づいて規制をかけるなどもってのほかです


太平洋戦争に突入した時もこんな感じだったんでしょうかね?


新型コロナ、欧米とは被害の大きさが一桁も二桁も違うのに・・・


何度も書きます


現役世代には、ほぼリスクはありません


高齢者、基礎疾患の有無、肥満、喫煙歴、もうわかってますよね 守るべきところ









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント