自分でちょっと調べてみよう

コロナとその関連死、コロナと関係がない陽性者の死者の累計が、日本国内で1万人になったそうです


新聞各社やTVで大きく報じられています


約1万人は事実で、それを多いと思うか、少ないと思うか?そんな話じゃありません


一緒に言ってる煽りの話です


毎日新聞では、重症者は898人に上り、1カ月でほぼ3倍に。重症化しやすいとされる変異株がさらに死者を増加させる恐れもあり、予断を許さない。


朝日新聞では、30代、40代と若い世代で基礎疾患がなくても重症化する人が目立ち始め、関西の状況にじわじわと近づいてきていると感じます


若くても重症化 と言っています


事実はどうなのか、データを見てみましょう


厚労省の発表によると、4月21日での全国の年代別重症者数


30代1名、20代2名


TVでは、若者だけでなく小さい子も重症化するなんて言ってましたが、19歳以下は0名です


80以上61名、70代110名、60代63名、50代36名、40代25名です


ちなみに30代の重症者数だけピックアップすると、1月6日 0名、4月21日1名です、これを驚異的になったと捉えるか、誤差ととらえるか?


次に、変異株は重症化すると言うのも検証します


今と同じくらいの新規陽性者数が確認された、第三波(1月6日)のデータです


入院治療を要する人28965人 重症者361人 重症者割合1.2%


4月21日だと 重症者300人 重症者割合0.6% 


重症者割合は半減しています


繰り返します 半減です


マスコミや一部の医療関係者、都知事などは、若者が・・・とある特定の層に責任を押し付けたり、煽ってますが、実際はそんなことは無いようです


本当は、英国変異株N501Yは、感染力が強く感染拡大が速いようだが(大阪の例によると)、重症化率は低いかもしれない です


一応、今のところです


ついでに従来株変異株のデータです、東京では大阪で感染拡大した英国変異株N501Yは減少傾向にあり、E484K単独変異の方が多くの割合を占め、増加傾向にあります


このE484K単独変異株、河北新報によると仙台では新規陽性者の97.9%を占め重症者数もそれほど多くない(実数未確認)ようですので、英国変異株N501Yよりさらに重症化率が低くなるかもしれません


まあ、東京では重症者数も爆増しているわけではありませんし、何かの都合で出された緊急事態宣言(発出の要件も満たしていないので、濫用などの関係で違法性の疑いさえあります)なので、今のところ気にしなくていいと思われます


2週間後は・・・の同じ流れで、大阪のようになるを当てはめただけのようですね


そして今後は、インドでの変異株!


今迄、東アジアでほとんど被害の無かった新型コロナですが、カンボジアやタイでも死者数の増加がみられます


インドでも感染拡大がみられるようです


それでも欧米に比べると、インドの人口あたりの死者はフランスの1/10、イギリスの1/12、ドイツの1/6です


5月以降インド株などの要因で東アジアの優位性がどれだけ下がるか(単純に欧米と比較ですが)、そこら辺の見極めも必要だと思われます


もしかすると日本でも今後コロナが脅威になるかもしれない可能性も充分あり得ます


第五波か第六波だかしりませんが、次の波が来る前に早めに、高齢者施設の入所者と職員へのワクチン接種を優先的に行った方がいいと思います


東京都の発表によると、昨年11月1日から今年3月31日までにの死者の平均年齢は82.2歳で、死者のうち55.3%が院内・施設内感染が原因だったそうです


今迄言われてきた、コロナ死者数の60%が高齢者施設、45%が元から寝たきりと似たようなデータです


年齢的には、お迎えが来た で済まされちゃう事でしょうが、ワクチン接種で少しでも・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント