自転車の洗浄

気温が上がり暖かくなった長野市街


ポカポカ陽気で、お洗濯日和・・・ですが、自転車乗りとしては、乗らずにはいられません


先週暴飲暴食の限りを尽くし、運動も全くせず、不健康な生活をしていたせいで、一週間で体重が2kgも増加してしまいました


カーボン製のサドルを買ったり、シートポストも180gと軽量なキャノンデール純正のSAVEシートポストを発注したりと自転車の方は、軽量化が進んでいますが、肝心のエンジンの方が2kgも増えるのは、自転車に申し訳ない気がします


と言う訳で、天気もいいので、花粉が舞う中 ホームコースの坂中峠に行ってきました


11時少し前に出発(気温11度)日が照って風もないので、肌寒くなく快適です


今日はダイエット目的なので、ゆっくり燃焼などと思ってましたが、登り始めて少しすると我慢できずに本気モードに・・・


余力を残して旧道に突入
IMG_20210311_114116_resized_20210311_015424573.jpg
旧道を少し上がったところで、道の脇(日陰)に雪が見えるようになってきます


民家が無くなってくる手前で、おうちの庭を片付けてる親父さんから、上の道はまだ枝葉が散らばってるよ との情報をいただきそこで引き返すことにしました


上まで行けないんなら、程よいところで良いかな?


いや、もう息が上がりかけてきつかったので、親父さんの言葉を都合よく解釈することにしたんです


下りは汗もかいてるので、ウインドブレーカーを着用して安全に!


こんな有様ですから、本気モードでしたが、タイムはグダグダ


まあ、事故無く帰れてよかったです


ちどり寮に戻って、今年初の自転車丸洗い


洗車だけです、チェーンの掃除とかは、また次回
IMG_20210311_122325_resized_20210311_015424977.jpg
用意するものは、バケツ、スポンジ、歯ブラシ1~2本、中性洗剤 以上です
IMG_20210311_122303_resized_20210311_015423952.jpg
日当たりのいい気持ちいい場所を見つけて


まずバケツに水を入れ、スポンジに水を含ませてフレームの汚れを落としていきます
IMG_20210311_122528_resized_20210311_015423673.jpg
IMG_20210311_122434_resized_20210311_015425566.jpg
IMG_20210311_122344_resized_20210311_015425290.jpg
IMG_20210311_122839_resized_20210311_015424291.jpg
注意するポイントは2点


一つは油汚れのところは、絶対に触らない(スポンジに油がつくとその後洗うところに汚れ引きずります)


基本じゃぶじゃぶ流すのですが、水が浸入したらいやそうなところは、さらっと終わらせる
(回転系のBB付近、ホイール中央のハブ付近などですね、水やほこりが浸入しないようたっぷりグリスが塗ってありますのであまり神経質にならなくてもいいかと思いますが、グリスを落とすほどの勢いで水をかけるなどはしない方がいいです、ハンドル・サドル付近もそれほど汚れるところじゃないのでサラッとね)


これで泥汚れは落ちます


バケツの水も半分以上残ってます
IMG_20210311_123016_resized_20210311_015423359.jpg
次に歯ブラシに洗剤をちょっとつけて、ブレーキなどの細かいところを洗います
IMG_20210311_123027_resized_20210311_015511796.jpg
IMG_20210311_123048_resized_20210311_015512614.jpg
ココでも油なるべく避けましょう


スポンジでは手が入らなかった、BB付近・チェーンリング付近も洗います


その後、洗剤を足してリアディレーラー・プーリー周辺の洗浄をします
IMG_20210311_123244_resized_20210311_015513125.jpg
ココから後は歯ブラシが油でべとべとになりますので、チェーン周辺は程々に(私はチェーン・スプロケは別でやります)


最後にスポンジの端に少しだけ洗剤をつけて、ホイールのリムを洗います


ココはブレーキの効きに影響してくるので、油厳禁です


もし油着いたときは、パーツクリーナーなどで油を落としてください


バケツの水をジャーっとかけて終わりです


私は歯ブラシを使い捨てにするのですが、次回使う方は歯ブラシに洗剤つけて指でもみもみしたり、地面のコンクリをゴシゴシすると次回油部分用歯ブラシとして使えます
IMG_20210311_124316_resized_20210311_015512891.jpg
最後に自転車を乾かします
IMG_20210311_124336_resized_20210311_015512040.jpg
春先だと日当たりがいいところにおいてもいいですが夏なら日陰に


ここで注意するのは、目立つところにおいて、鍵もかけてないと、ちょっと目を離した隙に パクられます


通りの側などだと、ご自由にお持ちください なんて状態です


注意しましょう


気温などによりけりですが、程々乾いていれば大丈夫です


私は朝干した洗濯物がカラッと乾いていたので、そちらを先に取り入れて、自転車は20分程日に当てて終わりました


あっお店の情報全然出てきませんでしたね


今日も17時半から開けてます


じゃあね


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント