二段階認証

日が暮れてきました


少し寒くなってきた長野市街


今日は祝日ですが、長野灯明まつり初日なので臨時営業しています


さて、昨日私のお友達のFBが乗っ取られると言う事件がおきました


対応する早さにもよるのでしょうが、リカバリーはなかなか大変です


個人情報やセキュリティーの問題もあり面倒ではありますが、FBに限らずLINEなどや決済が伴うAmazonなども二段階認証にしておくことをお勧めします


二段階認証以前にまず、パスワードのセキュリティーを上げましょう


同じパスワードの使いまわしをしない


@などの記号が使えれば使う


等が、簡単にできるものでしょう


パスワードを変えていたら覚えきれないという方は、やや複雑な(1234@Chidori)など数字・記号・大文字・小文字の組み合わせを基本として、FBなら頭にfをつけてf1234@Chidoriにする

Amazonなら最初にaをつけてa1234@Chidoriにするなどです


〇1234@Chidoriで〇のところを変えるだけ


それだけでも、使いまわしにならないし、組み合わせもやや複雑です


〇の位置をたまに変えるのもいいかもしれません


これだけでほんの少し安全です


さて、ここからが本題 二段階認証


二段階認証の登録・設定の仕方は簡単なのでそれぞれ調べてください


ココでは、その仕組みを簡単に


二段階認証は、正確には二要素二段階認証です


要素と言うのは


自分だけが知っているもの(パスワード、好きな食べ物、ログインIDなど)


自分だけが持っているもの(スマホ、カード、トークン、USBメモリーなど)


自分だけの特徴(指紋、顔、静脈、網膜など)


これらの要素の組み合わせです


FBだとパスワードだけでなく、自分のスマホにSMSで認証コードが送られてきて入力


これが、二要素二段階です


銀行などのクレジットカードで最近あるものが、パスワード(4ケタ)とキャッシュカード、手のひら認証などで、三要素になります


昔よく使われていた四ケタのパスワードのほかに、秘密の質問 ペットの名前は?などは、自分だけ知っているものの組み合わせなので、一要素が二段階になっただけなので、セキュリティー上はそれほど安全ではありません


二段階認証にしたからと言って絶対安全ではありません、スマホの待ち受け画面はロックしましょうとか、解除するのには指紋・顔認証も使いましょうとか、SNS同士の連携はすぐ解除できるようにしましょうも大事です


面倒ですが、二段階認証は最初だけ手間で、後はそれほど大変じゃないです


少しでもリスク減らしましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント